バリ島はクレジットカードが使える! 手数料やJCBは使えるのかなどについて報告します

バリ島はクレジットカードが使える! 手数料やJCBは使えるのかなどについて報告します

突然ですがみなさん、バリ島って行ったことありますか?

 

僕は2018年の7月に初めて行ったのですが、いやー、いいところでした。東京よりも涼しいし、島の人の笑顔は素敵だし。あれはリピーターが多いのもわかりますね。

 

バリ島にすっかりハマって帰ってきた僕ですが、バリ島に行く前に気になっていたことがあります。
それは、「クレジットカードが使えるのか」です。結論としては問題なく使えたのですが、バリ島でクレジットカードを使うにはいくつか気をつけるべきことがあるな、とも感じました。

 

今回は実際に行って感じた、バリ島のクレジットカード事情を紹介したいと思います。

 

バリ島はほとんどの場所でクレジットカードが使える

 

バリ島はほとんどの場所でクレジットカードが使えます。僕はクタ、ウブド、スミニャックでショッピングや食事を楽しみましたが、どのエリアでも問題なくクレジットカードを利用することができました。

 

ヌサドゥアやジンバラン、サヌールなどは行ってないのでわかりませんが、観光客の多いエリアならばクレジットカードの利用は問題ないと思います。

 

行く前は「スキミングされたらどうしよう……」と不安だったのですが、行ってみたらそんな心配は無用だったように思いました。(まだバリ島から帰ってきて2週間くらいなので油断は禁物かもしれませんが)

 

でも、たぶん大丈夫です。レストランを除いて、ほとんどのお店が自分の目の前でクレジットカードを処理してくれたので。

 

バリ島でクレジットカードが使えるところと使えないところ

 

具体的に、バリ島でクレジットカードが使えるところと使えないところを分類してみます。

クレジットカードが使えるところ

 

クレジットカードが使えるところはレストラン、カフェ、路面店、ショッピングセンター、スーパーマーケット、一部のコンビニです。

 

レストランというのは、大通り沿いやショッピングセンターに入っている飲食店というイメージです。
ガラス張りになっていたり、テラス席があったりするおしゃれな感じといえば伝わるでしょうか?笑

 

明らかに観光客を対象にしているような感じのレストランであれば、ほとんどの確率でクレジットカードが使えると思って問題ないような感じがしました。

 

路面店というのはフリッパーとかラルフローレンみたいなファッション関係のお店や、雑貨屋さんのことです。結構いろいろなお店に入って商品を買ったり買わなかったりしましたが、ほとんどのお店にカード決済端末がありました。ショッピングに関しては95%くらいの確率でクレジットカードが使えると考えて問題ないと思います。

 

スーパーマーケットはカルフールのほか、マタハリデパートとビーチウォークに入っているフードマートというところに行きましたが、どちらもクレジットカードが使えました。

 

コンビニについては、ミニマートというお店にはカード決済端末が置かれていましたが、インドマートというお店ではカード決済端末を確認できませんでした。

 

サークルKは行っていないのでわかりません。でも、ミニマートはバリ島の至るところにあるので、「クレジットカードしか使いたくない」という方でも困ることなくコンビニで買い物できると思います。

 

クレジットカードが使えないところ

 

クレジットカードが使えないのはタクシー、値切って商品を買うようなお店、観光スポットなどです。

 

タクシーは安心・安全と評判の高いブルーバードを利用しましたが、支払いは現金のみでした。

 

観光スポットはタマン・アユン寺院、ゴア・ガジャ、ティルタ・ウンプル寺院などに行きましたが、拝観料は現金払いでした。

 

バリ島で使えるクレジットカードの国際ブランド

 

バリ島で使えるクレジットカードの国際ブランドはVISA、MasterCard、JCB、アメックスという印象です。

 

ダイナースを使えると掲げているお店は少なかったですねー。JCBはいろんなお店でwelcomeのステッカーが出ています。
ウブドではJCBを使うと商品代金が割引になるお店もありました。

 

インターネット上では「JCB、アメックスはほとんど使えない」と言われていますが、そんなことはないと思います。
VISA+MasterCardが一番安心なのは間違いないと思いますが、VISA(MasterCard)+JCB、VISA(MasterCard)+アメックスでも困ることはないように感じました。

 

バリ島はクレジットカードの手数料がかかるのか?

 

バリ島のクレジットカード事情を調べていると、よく出てくるのは「クレジットカード手数料がかかる」という話です。
クレジットカード払いにすると、商品代金の3%くらいを上乗せして請求されることがあるという話ですね。いわゆる「加盟店手数料」というやつです。

 

滞在中にクレジットカードを11回ほど利用しましたが、1件だけカード手数料を上乗せされたお店がありました。レストランです。
なので、クレジットカード手数料を請求されることがあるという話は事実ですね。

 

ただ、スーパーマーケットやショッピングセンター、ホテル、空港では手数料を請求されることはありませんでした。

 

これは推測なのですが、手数料を上乗せされることがあるとすればレストランやスパなど、サービス業でクレジットカードを利用した場合だと思います。
小売店で手数料を請求されることは1度もありませんでした。

 

ただ、レストランもスパも何件か行ってクレジットカードを使いましたが、ほとんど手数料は請求されていません。
あまりナーバスになりすぎる必要はないように思います。請求されたとしても3%前後ですし。

 

バリ島はサインでもクレジットカード決済ができる

 

クレジットカード決済時には暗証番号かサインのどちらかが必要ですが、バリ島はサインでもクレジットカード決済ができます。もちろん、暗証番号でも決済はできますよ。

 

クレジットカードで決済をするとき、お店の人に「PIN number or sign?」と聞かれることがあります。
PIN numberとは暗証番号のことです。暗証番号で決済したいときはお店の人にPIN numberと答えましょう。サインで決済したいときはサインと答えれば大丈夫です。

 

お店によっては、何も言わずに暗証番号を求めてくることがあります。そんなときは、サインで決済したいと言ってください。たぶん、対応してくれるはずです。

 

ちなみに、国によってはカード決済時にパスポートをみせてくれと言われることがあるようですが、バリ島でカード決済時にパスポートをみせてと言われることは1度もありませんでした。

 

バリ島でクレジットカードを使う際の注意点

 

最後に、バリ島でクレジットカードを使う際の注意点を紹介します。

 

カード決済端末に利用金額が表示されない

 

バリ島でクレジットカードを使っていて一番気になったのは、カード決済端末に利用金額が表示されないことです。

 

日本でクレジットカードを使う時って、暗証番号を入力する時、カード決済端末に利用金額も合わせて表示されてますよね?
カード決済端末に入力されている金額が正しいことを確認してから暗証番号を入力すると思います。

 

でも、バリ島のカード決済端末は暗証番号を入力するときに、カード決済端末に入力されている利用金額が表示されません。

 

バリ島のカード決済端末はレジと連携していないみたいなので、レジで商品の合計金額を計算し、レジ上に表示された合計金額を店員さんがカード決済端末に手入力します。
カード決済端末上に決済金額が表示されないということは、カード決済端末に店員さんが金額を間違えて入力したとしても、それを確認することができないということです。

 

中には、利用金額の入力を僕がみえるようにやってくれる店員さんもいました。でも、ほとんどの場合は、カード決済端末上に入力されている金額がわからない状態で暗証番号を入力することになります。

 

暗証番号を入力した後は、カード売上伝票に記載されている金額がレシートと合っているかを確認するのがベストです。
万が一違っている場合は、その場ですぐに店員さんに利用金額を訂正してもらうようにしてください。

 

ちなみに、僕の場合はレジの金額とカード売上伝票の金額が違っていることは1度もありませんでした。

 

不安な方はサイン決済がおすすめです

 

サイン決済の場合、カード売上伝票に入力された利用金額を確認した上でサインをすることができます。
利用金額を確認した上で暗証番号を入力できないことが不安な人は、サイン決済がおすすめです。

 

レストランはテーブルチェック

 

バリ島のレストランは席に座ったまま会計を済ませるテーブルチェックが基本です。そのため、カード決済の場合は店員さんにクレジットカードを預けることになります。

 

スキミング被害にあわないための対策として、「クレジットカードを自分の前で決済してもらう」は基本ですよね。
でも、バリ島のレストランではそれができません。自分の目が届かないところにクレジットカードを持って行かれてしまうため、スキミングが不安な方はレストランでクレジットカードを利用するのは止めた方がいいと思います。

 

ただ、空港のレストランは別でした。クレジットカードで支払うというと、店員さんが席までカード決済端末を持ってきてくれて、目の前で処理をしてくれたんです。
おかげさまで安心してクレジットカードを使うことができました^_^

 

ミニマムペイメントを設定しているお店がある

 

ミニマムペイメントとは、「〇〇円以上じゃないとクレジットカードは利用できません」という、お店側が定めた決まりのことです。バリ島なので円じゃなくてルピアですが……。

 

バリ島のお店の中には、ミニマムペイメントを設定しているお店がいくつかありました。手持ちの現金が少なくてどうしてもクレジットカードを使いたい場合などは、買い物の前に店員さんにあらかじめ確認しておくのがいいと思います。

 

最後に

 

バリ島のクレジットカード事情について色々書いてみましたが、基本的には日本と同じような感じでクレジットカードは利用できるなと思いました。
通信不良でカード決済ができないと言われることもなかったです。

 

バリ島でクレジットカードは便利に使えますよ!旅行の際は、クレカを持って出かけましょう!